読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロが実践するロゴの作り方と制作プロセス- その10(最終回)

ブルホラのサービス担当部長です。

今回はベビーマッサージ LEILANI LOVE(仮称)の3番目のロゴデザインのプレゼンテーションです。

 

コンセプト C プレゼンテーション-2/2

これは絆、結コンセプトを1枚のリーフ(葉っぱ)で母と赤ちゃんの手による一体感を表現したデザインです。

初回提案したもの(左)と比較してブラッシュアップが施されているのがわかりますでしょうか。もう少し赤ちゃんの手を小さくして...指の数も追加して...角度を少し変えて...。 同一系統の濃淡を使った2色カラーのロゴを提案しました。

f:id:pukupuku_man:20170124221131p:plain

実はブラッシュアップの作業でも、引き続きどこまでディテイルを盛り込むべきなのか様々な議論がありました。

ベビーマッサージの対象は生後数ヶ月の赤ちゃん。実際の手を比べると本当に手の平におさまる位の小ささです。ですが、リアリティを求めるとバランスが良くなく、このアイデアは成立しませんので、あえて赤ちゃんの手は大きくなっています。また指の表現についてもしかり。ことが必ずしも正しいわけではありません。

あくまでもシンボルマークなので、ディテールを追求するのではなく、「程よい落としどころ」が大事なのですが、それが難しい部分でもあります。

 

 

カラー・バリエーション

さらにカラーバリエーションをに加えて、手のリーフを丸く囲んだアイデア(右側)もプレゼンテーションします。

f:id:pukupuku_man:20170124222039p:plain

薄い水色は、ベビーサックスと呼ばれ、ベビー用品でもよく用いられているカラーなんです。あまり如何にもベビーブランドにはしたくないということをクライアントの方はお話されていましたが、このカラーの持つ、やさしさ、柔らかさは捨てがたいものがあると思い、あえてバリエーションとしてアイデアをプレゼントしました。

 

 

ロゴの装飾展開とプリント・シミュレーション

こちらのロゴデザインでも、想定したバッグとタオルでロゴの再現性評価のためにおシミュレーションを提案しておきましょう。

f:id:pukupuku_man:20170124222201p:plain

 

さいごに

クライアントからの要望に応え約3週間という限られた時間の中で、プレゼンテーションを行い、約束を守りました。

限られた時間の中で、ブレインストーミングという方法と手描きのラフスケッチでアイデアを膨らませ、膨大な数のスケッチの中から、グッドアイデアを選び、その作業と並行してコンセプトを作り、コンセプトにふさわりいロゴデザインを提案していくことができました。

 

ここまでご覧いただきありがとうございました。

ロゴを考える上で、ご覧いただいた皆さまの参考になればうれしいです!